東京大学生産技術研究所×南砺市|南砺市の将来をデータと地図で見れるサイトができました

南砺市と東京大学生産技術研究所・関本研究室と共同で取り組む、統計データと地図で見る公共施設の位置と人口変化の可視化サイトがリリースされました。

このサイトにアクセスすると、エクセルなど表形式で自治体や各省庁が公開したデータから、2040年の将来像を統計上の傾向として予測し、 地図上で確認することができます。

MY CITY FORECAST「デジタル南砺研究会」版

※MY CITY FORECAST からの注意事項
本サービスは実験段階であり、決定事項や方向性の提案ではなく、あくまで統計上の推計を示すものであるという点にご留意ください。なお、地図上に表示される結果にも改善の必要性は残っていますが、その旨ご了承下さい。(サイトより一部抜粋)

サイトの使い方

スマートフォンでサイトにアクセスしスクロールすると以下のように「トピックスとして施設一覧」のリンクが表示されます。(※PCでアクセスした場合はPCの横長の画面に最適化されたサイズで表示されます)

これらのリンク先ページで、将来(2040年)の様子を地図上に表現します。

医療施設
・55箇所から、17箇所に減少
・福野・福光・井波地区のみ残る予想

学校施設
・22箇所から、7箇所に減少
・福野・福光・井波地区のみ残る予想

介護施設
・40箇所から、12箇所に減少
・福野・福光・井波地区のみ残る予想

保育施設が揃った地域
・31箇所から、6箇所に減少
・福野・福光・井波地区のみ残る予想

行政・公民館・体育施設
・62箇所から、15箇所に減少
・福野・福光・井波・城端地区のみ残る予想

公園
・15箇所から、7箇所に減少
・福野・井波地区のみ残る予想

基本的にテーマとされる施設はすべて減少し、施設へのアクセスは不便になるエリアが増えるという予想です。

統計データと地図で施設の位置関係を表示

例えば、医療施設では以下のような表と地図で将来の様子が表示されます。

地図上のマス(エリア)をタップすると、そのエリアから該当する施設までの最短移動時間が表示され、地図上にマッピングされます。みなさんのお住まいや勤務先から主要な施設はどのくらい離れているでしょうか?

アンケートのお願い

さて、みなさんはこの結果をどう感じるでしょうか?

データや地図で将来の南砺市を見た感想や気づきを、画面上部のアンケートからぜひ教えてください。

アンケートページは、サイトの上部にある「アンケートに解答する」ボタンからお願いします。